遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。

「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説ではありません。

その因果関係は明確に解明されていませんが、ハゲ(薄毛)と遺伝には密接な関係があると言われています。

全ての薄毛が遺伝によるものという訳ではありませんが、特に男性のハゲ(薄毛)の90%以上を占めると言われている男性型脱毛症(通称AGA)は遺伝の影響を受けやすいと考えられています。

但し、遺伝によって必ず薄毛になるとは限りません。逆に遺伝でなくても薄毛になる場合があります。

遺伝するもの

遺伝するものは、薄毛(AGA)になりやすい体質だと考えられています。

5αリダクターゼを過剰に作り出す体質

脱毛の原因とされるDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモン(テストステロン)と5αリダクターゼの2つが結び付いて生産されますが、5αリダクターゼを過剰につくりだす体質を両親から受け継いでしまった場合は、AGAを発症しやすいと考えられています。

遺伝で5αリダクターゼを過剰に生産する体質を受け継いでしまうと、悪玉男性ホルモン(DHT)を過剰に生産し、AGAの進行を進めることになると考えられています。

このように5αリダクターゼを過剰に生産する体質を受け継いでしまうとAGAの発症リスクが高くなりますが、実は、このDHTが生産されただけで脱毛が進むという訳ではありません。

DHTはその後、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプター(男性ホルモン受容体)というものと結合して脱毛因子を作ることになります。

遺伝の仕組み

男性ホルモン受容体の感受性の高い体質

実は、遺伝子情報の中には、この男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に関する遺伝子もあると考えられています。

遺伝により感受性の高い男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)を引き継いでしまうとDHTの影響を受けやすくなり、AGAになりやすいと考えられています。

つまり、男性ホルモンが活発な方でも男性ホルモンレセプターの感受性が低ければAGAの進行が遅く、逆に男性ホルモンがさほど活発でない方でも男性ホルモン受容体の感受性が高ければAGAの進行が速くなるという訳です。

男性ホルモンの分泌量が多いと思われる男性っぽい身体つきの男性が全て同じように薄毛にならず、その進行具合に個人差が生じるのはこのためです。

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

以上のように、
・5αリダクターゼを過剰に作り出す体質
・男性ホルモン受容体の感受性の高い体質
といったものを遺伝によって引き継いでしまうと薄毛になるリスクが高くなるということです。

キヤピキシルには、5αリダクターゼを抑制する働きがありますので、まさに遺伝によって受け継いだ薄毛体質にも有効だということができます。

キャピキシル配合育毛剤
 ・ザスカルプ5.0c
フィンジア
・その他

キャピキシル配合シャンプー

関連記事

AGAは早めの対策が重要

AGA(男性型脱毛症)は「進行型」のため「早目に手を打つことが重要」ということを耳にしたことがある方

記事を読む

カプサイシンとイソフラボンの発毛効果

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで発毛を促進するという研究結果があります。 その

記事を読む

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

キャピキシルのヘアサイクル(毛周期)への作用

ヘアサイクルとは? ヘアサイクルとは、髪の毛が誕生して抜け落ちるまでの一連の流れのことです。

記事を読む

バイタルウェーブスカルプローションの詳細

バイタルウェーブスカルプローションの特徴 バイタルウェーブスカルプローションは、キャピキシルを

記事を読む

キャピキシルを配合したシャンプー

キャピキシルは育毛剤だけに配合されている成分ではありません。 実はキャピキシルが配合されたシャ

記事を読む

ザスカルプ5.0cの詳細

ザスカルプ5.0cの特徴 ザスカルプ5.0cは、医薬品の育毛成分であるミノキシジルの約3倍の有

記事を読む

ボストンスカルプエッセンスの詳細

ボストンスカルプエッセンスの特徴 ボストンスカルプエッセンスの特徴は、キャピキシルを配合する上

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑