キャピキシルの副作用

ミノキシジルの3倍に相当すると言われる育毛効果が期待できるキャピキシルに副作用がないのか、気になるところです。

キャピキシルには副作用はありません。と言い切りたいところですが、残念ながらこればっかりは断言することはできません。

ただ、メーカーの臨床試験においてこれといった副作用が確認されていないことは確かなようですし、現在のところ報告もありません。少なくとも、比較されるミノキシジルの副作用のように重篤な副作用のリスクはないと言えるようです。

従って、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品と比較した場合は安心で安全な成分と言うことはできると思います。

また、現在の制度のもとでは、成分としては医薬品でも医薬部外品でもなく化粧品扱いに分類されることから副作用のリスクも少ないと考えられます。

予想される副作用

とはいえ、副作用は全くないとは断定できず、予想される副作用はあります。
一般的な育毛剤によくある副作用について考えていきたいと思います。

頭皮の痒み・かぶれ・湿疹

頭皮の痒み・かぶれ・湿疹は、市販の育毛剤でも最も起こりやすい副作用です。天然由来成分を使用した育毛剤や化粧品などでも肌に合わない人がいますので、敏感肌の人では起こり得る副作用です。医薬品のミノキシジルでは多くの人が体験する副作用です。

軽い痒みなどは使い続けるうちに治まる場合がありますが、痒みが酷い場合や湿疹・かぶれなどの症状が出た場合は、使用を中止して医師や薬剤師などの専門家に相談してみることをお勧めします。

初期脱毛

初期脱毛とは、育毛剤を使い始めた当初、脱毛症状が出る症状です。

これは、一般的にヘアサイクルの正常化に向けて休止期にある髪が一旦抜けてしまう症状と考えられています。

つまり、成長することを止め、あとは抜けるだけになった髪は早目に抜けさせ、元気な髪の毛を生やそうとする働きです。次に生えてくる髪の毛が古い髪の毛を押し出そうとしている段階とも言うことができます。

勿論、全ての人に起こる症状ではありませんが、ミノキシジルやフィナステリドなどの医薬品レベルの育毛剤では比較的多くの人が初期脱毛を経験します。

初期脱毛を発症した場合は、1週間から1ヶ月ほど脱毛が続くのが一般的で、初期脱毛が治まると通常はその後から髪の毛が生えてきます。

初期脱毛というのは考え方を変えれば副作用というものではなくヘアサイクルの正常化に向けたステップです。

キャピキシルもヘアサイクルの正常化に向けた働きをするため、この初期脱毛が全く無いとは言い切れないと思います。

キャピキシルは安全な成分

キャピキシルの成分は、ご存じのようにアセチルテトラペプチド-3(成長因子)とアカツメクサ花エキス(植物エキス)です。

これらの成分は、簡単に言えばタンパク質やイソフラボンの一種ですので基本的に人体に悪影響を及ぼしたり、皮膚への刺激となることはありません。

重大な副作用も心配する必要はないようです。

万人に副作用がないとは言い切れませんが、副作用があったとしても軽微なものでキャピキシルは安全性の高い成分ということができます。

キャピキシル配合育毛剤
ザスカルプ5.0c
フィンジア
・その他

キャピキシル配合シャンプー

関連記事

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

キャピキシルとは?その育毛効果は?

最近、育毛業界で話題となっている成分にキャピキシルという成分があります。 キャピキシルとは? キ

記事を読む

キャピキシル配合の育毛剤は化粧品扱い?

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いでもおわかりの通り、医薬部外品扱いの育毛剤は、「厚生労働省認可」とか

記事を読む

フィンジアの詳細

フィンジアの特徴 フィンジアは、キャピキシルを配合する上に、 ・ピディオキシジル(擬似ミ

記事を読む

キャピキシルを配合したシャンプー

キャピキシルは育毛剤だけに配合されている成分ではありません。 実はキャピキシルが配合されたシャ

記事を読む

ボストンスカルプエッセンスの詳細

ボストンスカルプエッセンスの特徴 ボストンスカルプエッセンスの特徴は、キャピキシルを配合する上

記事を読む

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。 「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説で

記事を読む

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑