ザスカルプ5.0cの詳細

ザスカルプ5.0cの詳細

ザスカルプ5.0cの特徴

ザスカルプ5.0cは、医薬品の育毛成分であるミノキシジルの約3倍の有用性を持つと言われる話題の成分「キャピキシル」を最高濃度の5%を配合しているほか、再生医療でも注目されている「成長因子」など41種類の成分を配合しています。

1本の容量が80mlとキャピキシルを配合する5種の育毛剤の中では最も大容量で、キャピキシルだけを考えれば最も安く手に入れることができるコストパフォーマンスに優れた育毛剤です。

2015年・2016年のモンドセレクションでは金賞を受賞しています。

キャピキシルを配合

キャピキシルは、医薬品のミノキシジルよりも育毛効果が期待できる反面、ミノキシジルのような副作用がない育毛成分として今後ますます需要が増えることが予想されます。

ザスカルプ5.0cが配合するキャピキシルとミノキシジルを比較

エンブレムには2種類あります。

左側のエンブレムはキャピキシルを配合している正規商品に原料メーカーから与えられるエンブレムで、右側がキャピキシルを5%配合した製品のみが使用を認められるエンブレム(キャピキシル推奨配合認証マーク)です。

キャピキシルのエンブレム

キャピキシルを配合した育毛剤はいくつかありますが、2015年6月現在、右側のキャピキシル推奨配合認証マークの使用を許諾されているのは、実はザスカルプ5.0cだけです。

ザスカルプ5.0c = キャピキシル + 成長因子 + その他の育毛成分

3種類の成長因子を配合

ザスカルプ5.0cは、成長因子として、キャピキシルに配合されている成長因子(アセチルテトラペプチド-3)のほか、
発酵熟成プラセンタエキス
オクタペプチド-2
オリゴペプチド-41
の3種類を配合しています。

発酵熟成プラセンタエキス

プラセンタエキスは、育毛に効果が期待できる成長因子を何種類も含有し、育毛効果が期待できる成分として毛髪の再生医療でも活用されている成分です。

発酵熟成プラセンタエキスとは、このプラセンタエキスを1ヶ月間じっくり発酵させた後、2ヶ月間の熟成を経て完成したプラセンタエキスです。

近年、なぜ発酵食品というのがブームになっているかというと、発酵・熟成させることで、吸収性と有用成分を大幅にUPすることができるためです。

ザスカルプ5.0cの発酵プラセンタエキス

分析試験でも発酵熟成プラセンタエキスに含まれる成長因子の
EGF
FGF
などは、従来のプラセンタエキスと比較しても55倍といった量を含んでいるという結果が出されています。これらには、細胞の成長促進や機能を整える役割があるとされています。

発酵熟成プラセンタエキスは、キャピキシルと並んでザスカルプ5.0cの目玉成分とも言える成分です。

オクタペプチド-2

近年、毛根部分には、「バルジ領域」というものが存在し、この領域が毛髪の生成に重要な働きをすることがわかってきました。

バルジ領域には、「毛包幹細胞」と「色素幹細胞」の2種類の幹細胞が存在し、毛母細胞の活動が停止すると、「毛包幹細胞」が「毛母細胞」へと分化して、再び、新たな髪の製造活動を開始すると考えられています。

つまり、毛母細胞が髪を製造する活動を停止すると、毛包幹細胞が毛母細胞に変身して再び髪の製造活動を開始するという訳です。

※尚、幹細胞とは、体の様々な組織や臓器などに分化していく元になる特別な細胞で「再生医療」でも注目されている細胞です。

オクタペプチド-2は、毛包や毛母細胞を生みだす元となるこの「バルジ領域」に働きかけ、毛包幹細胞を生成するように働きかける成長因子なのです。

比較的最近発見されたこのバルジ領域はこれからの薄毛対策のカギとなるエリアとして注目されている領域です。

バルジ領域には毛包幹細胞だけでなく、毛髪の色素を生み出す色素幹細胞も同居しているため、白髪を抑制する効果も期待されています。

オリゴペプチド-41

オリゴペプチド-41は、毛髪再生医療の最新治療に活用されている成長因子FGF-7(別名KGF)を含む成分です。

FGF-7は、育毛・発毛で最も注目されている成長因子の一つです。大手メーカーの研究報告では、薄毛の部分とそうでない部分を比較した場合、薄毛の部分においてこのFGF-7の分泌量が減少していることがわかっています。

育毛剤アデノゲンもこの発毛因子FGF-7の産出を促そうとした育毛剤です。

FGF-7は、毛母細胞を増殖・分裂させ毛包幹細胞のケラチンサイトへの分化を促進。ケラチン細胞の増殖により育毛効果が確認されています。

ザスカルプ5.0cが配合するその他の成分

ザスカルプ5.0cは、これら次世代の育毛成分といわれる成分の他にも育毛成分として定番の
・センブリエキス
・グリチルリチン酸
・オタネニンジン
・ダイズ種子エキス
・イノシトール
なども配合しています。血行促進や細胞分裂の促進、また抗炎症作用や抗アレルギー作用、保湿を高めるなどで、さらに育毛効果を高めます。

配合水にマイナスイオン水を配合

ザスカルプ5.0Cは、今回のリニューアルで、配合している水に、「飲むだけで体の柔軟性や可動域が広がると各界の専門家に認められているマイナスイオン水」を採用しています。

マイナスイオン水は、高千穂の鉱物を浸して浄化したマイナスイオンをたっぷりと含み、分子運動が半永久的に起こることによって酸化しない活きる水となっています。

マイナスイオン水の作用で、毛細血管の流れを増加させ、従来より育毛効果を高めることを狙っています(ジェットフロー効果)。

ジェットフロー効果

浸透力強化

また同時に今回のリニューアルでは、ナノ化したゴールドとプラチナのコロイドをW配合し浸透力を高めています。

毛穴の1/25000という極小サイズにナノ化されたゴールドとプラチナはキャピキシルをはじめとする有用成分を周りにまとって毛穴の奥深くまで浸透させます。

ザスカルプ5.0cの浸透力

頭皮の負担を軽減

育毛剤は、有効成分の配合だけでなく頭皮に負担のかかる成分を配合しないことも大事です。

ザスカルプ5.0Cは、香料をはじめ石油系界面活性剤や着色料、パラベン、酸化防止剤、鉱物油など頭皮に負担のかかる成分を排除しています。また、リニューアルでは、乾燥の原因になりかねないエタノールの配合を最小限に留めています。

キャピキシル配合育毛剤で最も大容量

他のキャピキシル配合の育毛剤が1本50ml~60mlであるのに対して80ml(約1.3~1.6倍)という大容量です。

キャピキシルの濃度は他の育毛剤同様5%ですので50mlの育毛剤と比較すると単純に1.6倍のキャピキシルが含有されていることになります。キャピキシルという成分だけで比較するならば圧倒的にお得ということが言えます。

他の育毛剤同様、1ヶ月で使い切るなら1.3~1.6倍のキャピキシルを頭皮へ塗布でき、他の育毛剤同様の量を使うのであれば、1.3~1.6倍の期間塗布できます。

そういう意味では、キャピキシルを配合した育毛剤では、最もコストパフォーマンスに優れた育毛剤としておすすめです。

ザスカルプ5.0Cの価格と内容量

安心の60日間返金保証

万が一お肌に合わなかった場合(使用後にかゆみやかぶれ等の異常が現れた時)は、商品到着後60日以内であれば返金を保証しています。

継続するほどお得に!

特に、現在はリニューアルキャンペーンとして定期購入の場合は、初回半額キャンペーンを実施中。さらに定期コースは購入(継続)回数に応じて3%~10%の割引が適用されます。

大容量ですので、生え際や頭頂部のみといった塗布する面積が少ない方は2ヶ月ほどもつ場合もあります。この場合は、定期購入でも2ヶ月毎といった配送の選択が可能です。

価格 お試し価格 15,000円(税込:送料別途)
定期購入 10,000円 (税込:送料無料)※初回:4,980円
※定期購入は最低2回の継続が必要。その後は次回発送予定日の10日前までならいつでも解約が可能
内容量 80ml(約1~2ヶ月分)
主成分 水、BG、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、オクタペプチド-2、オリゴペプチド-41、金、白金、フムスエキス、カミツレ花エキス、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、クエン酸Na、サンショウ果実エキス、プルサチラコレアナエキス、ウスニアバルバタエキス、炭酸水素Na、ダイズ種子エキス、アロエベラ葉エキス、カンゾウ根エキス、イノシトール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ花/葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミレツ花エキス、アラントイン、グリチルリチン酸2K、プラセンタエキス、黒砂糖、酵母発酵エキス、その他
販売 株式会社 美彩
使用方法 1日2回(朝、晩)1度に塗布する量は1ml

 

the-scalp5.0c-btn

キャピキシル配合育毛剤

キャピキシル配合シャンプー

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシル以外のおすすめ育毛剤チャップアップ

PAGE TOP ↑