界面活性剤

界面活性剤は、洗濯用洗剤や食器用洗剤、石鹸、歯磨き粉、化粧品などのほか、シャンプーやコンディショナー、リンス、トリートメントなどにも配合されている成分です。

界面活性剤は、異なった表面張力が働いている、本来混じり合わない物質同士を吸着する性質があります。

例えば、水と油をひとつの入れ物に入れると、2つの層に分かれますが、この中に界面活性剤を入れてかき混ぜると、水と油は乳化し混ざりあいます。

水と空気を混ぜると気泡(泡)となります。

このように界面活性剤は、シャンプーなどでは主に泡立ちを良くしたり、頭皮や髪の毛の汚れを洗浄する作用としての役割があります。

また、その配合成分や濃度、成分の組合せなどによって洗浄力や泡立ちを調整したりしています。

シャンプーに使われる界面活性剤は、大きく、
・高級アルコール系
・石鹸系
・アミノ酸系
とに分かれます。

高級アルコール系

高級アルコール系の界面活性剤は、製造コストが安価なためこれを使ったシャンプーは一般的に価格が安価となります。

ドラッグストアやスーパーなどで安価で大量に販売されていますが、洗浄力が高く皮脂や水分を取りすぎる傾向にあり、また、肌への刺激が強く頭皮や髪に残ると悪影響を及ぼす可能性があるため健全な頭皮環境の育成や発毛・育毛には不向きと言われています。

特に、
・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
といった成分には注意が必要です。

これらは、泡立ちがよく洗い上がりの爽快感もいいのですが、強い洗浄力があり、刺激が強く、タンパク質変性作用(タンパク質を破壊する働き)があるとされています。必要以上に皮脂などを落としてしまい、肌や髪を乾燥させ、無防備な状態にしてしまうリスクがあります。

高級アルコール系の界面活性剤を使った商品は、昨今のスカルプケアシャンプーや育毛シャンプーのブームで少なくなってきているようです。

石鹸系

刺激性は中間的です。アルカリ性で髪に対するダメージもあります。

水道水に含まれるカルシウムイオンと石鹸が結合して石鹸カスが派生するため洗い上がりがゴワつくことがあるのも特徴です。

アミノ酸系

刺激性が少なく頭皮や髪に優しい上に程よい洗浄力があります。

最近の頭皮のケアブームでアミノ酸系シャンプーが増えていますが、原料費が高いため値段が高めとなります。

・グルタミン酸
・メチルアラニン
・グリシン
といった名前が成分名に入っていたらアミノ酸系成分と考えていいと思います。

育毛にはアミノ酸系シャンプー

適切な頭皮ケアを心がけるのであれば、可能な限りアミノ酸系シャンプーを選んだ方が良いでしょう。

実際、育毛シャンプー、スカルプケアシャンプーと言われるシャンプーの殆どはアミノ酸系洗浄成分を使用しています。

当サイトで紹介しているキャピキシルを配合している「kurokamiスカルプ」というシャンプーもグルタミン酸、メチルアラニンといったアミノ酸系洗浄成分を使ったシャンプーです。

キャピキシルを使ったシャンプー

関連記事

キャピキシルを配合したシャンプー

キャピキシルを配合したシャンプー

キャピキシルは育毛剤だけに配合されている成分ではありません。 実はキャピキシルが配合されたシャ

記事を読む

目の疲れによる薄毛

目の疲れが薄毛の原因

目の疲れは薄毛を引き起こす原因になると考えられています。 髪の毛は、主にケラチンという

記事を読む

育毛剤使用時の留意事項

育毛剤を使用する際に気を付けること

育毛剤は最低3ヶ月使用 育毛剤の効果(髪の毛が生えてくるといった効果)が表れるまでには、少なくとも

記事を読む

キャピキシル

キャピキシルとは?その育毛効果は?

最近、育毛業界で話題となっている成分にキャピキシルという成分があります。 キャピキシルとは? キ

記事を読む

AGAに対するキャピキシルの働き

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

髪の毛の知識

髪の毛の知識

髪の構造 髪の毛は、頭皮の外に出ている「毛幹部」と、頭皮の中に入っている「毛根部」とに大別されます

記事を読む

有酸素運動で毛細血管を増加させて育毛促進

頭皮の毛細血管を増やす方法

毛細血管とは? 毛細血管とは、体中に張り巡らされている動脈と静脈をつなぐ網目状となっている細い血管

記事を読む

キャピキシルがヘアサイクルに及ぼす影響

キャピキシルのヘアサイクル(毛周期)への作用

ヘアサイクルとは? ヘアサイクルとは、髪の毛が誕生して抜け落ちるまでの一連の流れのことです。

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑