リデンシルの働きと配合育毛剤

リデンシルとは、スイスの化粧品原料メーカーであるINDUCHEM社が開発したプレミックス成分です。髪の毛の製造に深く関わりを持つ「バルジ領域」に働きかけることで、髪の成長を促進するとされています。

・セイヨウアカマツ球果エキス
・チャ葉エキス
・グリシン
・ピロ亜硫酸Na
・塩化亜鉛
から構成され、副作用のリスクも殆どないのが特徴とされています。

2014年にドイツで開催された世界最大級の化粧品原料展示会、インコスメティックスで銀賞を獲得しています。

リデンシルの育毛作用

リデンシルは、配合する主に2つの成分
DHQG
EGCG2

で育毛に作用すると考えられています。

DHQG

リデンシルの有効成分の一つであるDHQGは、毛乳頭細胞より上に位置するバルジ領域の幹細胞を活性させる効果があります。

幹細胞とは、
・自分と同じ能力を持った幹細胞をコピーできる能力(自己増殖能)と、
・他の様々な細胞になることができる能力(多分化能)
をもった細胞です。再生医療でも活用されています。

毛母細胞は、一つのヘアサイクルの終了に伴い活動を停止してしまいます。活動が停止すると髪の毛は抜け落ちてしまいますが、さらにそこから新しい髪の毛が生えてくるのは幹細胞が毛母細胞に分化して再び分裂活動を開始するためです。

DHQGには、この幹細胞を刺激することで毛母細胞への分化・分裂を促し、育毛を促進する効果が期待できるとされています。

さらに、DHQGには、頭皮の土台を構成する線維芽細胞の代謝を活発にする働きも確認されています。

線維芽細胞は、細胞外マトリックスとも表現されるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などで構成される真皮の成分を作り出す働きがある細胞です。

真皮部分のコラーゲンなどが不足すると、保湿力が低下して乾燥を招き柔軟性もなくなり、硬い頭皮になります。乾燥して硬くなった頭皮は、毛母細胞の活性化を妨げたり、頭皮の炎症を引き起こしたりし、結果、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

DHQGは、線維芽細胞の代謝を活発にすることで加齢などでこれらの土台が弱くなり抜け毛・薄毛へと進行することを抑制する働きがあると考えられています。

EGCG2

EGCG2は、炎症性サイトカインであるインターロイキン-8(IL-8)を抑制し、炎症を抑える働きがあります。頭皮の炎症を抑えることで炎症による抜け毛・薄毛を抑制する働きが期待できます。

リデンシルの育毛効果は、開発メーカーによる臨床試験でも示されています。

それによれば、リアップの有効成分としても有名なミノキシジルとの比較実験において、リデンシルがミノキシジルの約2倍高い毛包成長度を示したことが明らかになっています。

キャピキシルとの併用で相乗効果が期待できる

このリデンシル、単体での働きも上記のとおりですが、キャピキシルとの併用で相乗効果が期待できると考えられています。

すなわち二つの成分の育毛へのアプローチの仕方は異なり、リデンシルが幹細胞に働きかけて育毛を促進し、キャピキシルが抜け毛の抑制と髪の成長に働きかけることで相乗効果が期待できるという考えです。

確かにリデンシルには、AGAの原因となる5αリダクターゼやDHTの働きを抑制する作用は確認されていないようですので、その働きを持つキャピキシルと併用することで相乗効果が期待できるかもしれません。

このキャピキシルとリデンシルの双方を配合する育毛剤としては、
・Deeper3D
・バイタルウェーブスカルプローション
があります。

関連記事

AGAに対するキャピキシルの働き

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

成長因子

成長因子って何?

成長因子とは? 成長因子は、別名「グロースファクター」とも言われ、簡単に言うと細胞を刺激して細胞分

記事を読む

キャピキシル配合のいおすすめ育毛剤

キャピキシル育毛剤ランキング

キャピキシルを配合している育毛剤 ・フィンジア ・バイタルウェーブスカルプローション ・ザスカ

記事を読む

キャピキシル

キャピキシルとは?その育毛効果は?

最近、育毛業界で話題となっている成分にキャピキシルという成分があります。 キャピキシルとは? キ

記事を読む

目の疲れによる薄毛

目の疲れが薄毛の原因

目の疲れは薄毛を引き起こす原因になると考えられています。 髪の毛は、主にケラチンという

記事を読む

生え際に作用するキャピキシル

生え際(M字)の育毛に強いキャピキシル

AGA(男性型脱毛症)の初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプですが、生

記事を読む

髪の毛の知識

髪の毛の知識

髪の構造 髪の毛は、頭皮の外に出ている「毛幹部」と、頭皮の中に入っている「毛根部」とに大別されます

記事を読む

育毛剤使用時の留意事項

育毛剤を使用する際に気を付けること

育毛剤は最低3ヶ月使用 育毛剤の効果(髪の毛が生えてくるといった効果)が表れるまでには、少なくとも

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシル以外のおすすめ育毛剤チャップアップ

PAGE TOP ↑