ピディオキシジルを配合した育毛剤

ピディオキシジル(pidioxidil)とは、あまり耳慣れない言葉ですが、ミノキシジルという言葉は聞いたことがあると思います。

ピディオキシジルは、別名ミノキシジル誘導体と言われ、医薬品のミノキシジルに似た成分構造を持つことからミノキシジル同様、頭皮ケアに大きな期待がされている成分です。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、1980年代に世界で初めて脱毛症の外用治療薬として認可された成分で、日本でも大正製薬がリアップという商品名で発売を開始し、現在では、世界中の人が使っている多くの育毛剤に配合されています。

主に、血管新生作用と血管拡張作用があるところから、頭皮へ栄養を送り込む血管の創生と拡張を行います。

毛乳頭や毛母細胞は血管を通して栄養を取り込むことで毛髪を生産する活動を活発化し、その結果、発毛促進につながります。

日本でも厚生労働省に認可されているほか、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインでも推奨度A(強く勧められる)に分類されています。

ミノキシジルの弱点

副作用

臨床実験などでも大きな効果を得ているミノキシジルですが、副作用も指摘されています。

頭皮のかゆみや炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎などのほか、ミノキシジルとの因果関係は不明としながらも、循環器系の重篤な副作用の報告が多数寄せられたといったこともあるようです。

ミノキシジルは頭皮だけでなく、体内に浸透すると肝機能障害や血圧への影響があると言われていますので決して安全・安心感な成分とは言い切れません。

詳細はミノキシジルの副作用を参照

浸透力

ミノキシジルの弱点として、もう一つは外用として塗布した場合の浸透力(吸収効率)の悪さが指摘されています。はっきりした浸透率はわかりませんが、1%とも20%とも言われています。

ピディオキシジルとは?

ピディオキシジルは、医薬品のミノキシジルに似た成分構造を持つ人工の成分で、「ミノキシジル誘導体」とも言われています。

ピディオキシジルの化学式

一部の分子配列を変えることでミノキシジルに類似した育毛効果が期待できると同時に、ミノキシジルの弱点である
・副作用と
・浸透力の悪さ
を改善しています。

韓国などでは、ピディオキシジルを配合した育毛剤や美容液が販売されていますし、日本でも、スカルプDのまつげ美容液に使用されています。

育毛剤のパッケージなどには成分名として「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」などと記載されています。

ピディオキシジルを配合した育毛剤

このピディオキシジル、日本国内では配合している育毛剤は少ないのですが、
フィンジア
ボストンスカルプエッセンス
に配合されており、特に現時点で最も高濃度を配合しているのが、フィンジアの2%とされています。

ただ、ピディオキシジルはミノキシジル同様、AGA(男性型脱毛症)の原因である5αリダクターゼや悪玉男性ホルモン(DHT)を抑制するといった作用はありません。

ミノキシジルが、生え際の育毛に弱いとされる所以と考えられますが、フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、ピディオキシジルの他にも注目の成分キャピキシルやその他の育毛成分を配合して悪玉男性ホルモンに対抗します。

AGA(男性型脱毛症)にしっかり対抗するためには、ピディオキシジル(ミノキシジル)だけの作用では片手落ちで、5αリダクターゼや悪玉男性ホルモン(DHT)の作用の抑制に働きかける成分が必要になります。

関連記事

キャピキシルを配合してない人気育毛剤

キャピキシルを配合していない育毛剤でも優秀な育毛剤はいくつか存在します。その中でも、人気・実力ともに

記事を読む

リデンシルの働きと配合育毛剤

リデンシルとは、スイスの化粧品原料メーカーであるINDUCHEM社が開発したプレミックス成分です。髪

記事を読む

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルとは? ミノキシジル(Minoxidil)とはもともと1960年代に高血圧の経口薬(血

記事を読む

キャピキシルを超える育毛剤は?

このサイトは、キャピキシルの有用性をリサーチし、キャピキシルを配合している育毛剤をピックアッ

記事を読む

毛乳頭と毛母細胞の働き

育毛剤の育毛・発毛に対する作用などの記事を読んでいると、毛乳頭や毛母細胞という単語を目にすることがあ

記事を読む

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

フィンジアの詳細

フィンジアの特徴 フィンジアは、キャピキシルを配合する上に、 ・ピディオキシジル(擬似ミ

記事を読む

成長因子って何?

成長因子とは? 成長因子は、別名「グロースファクター」とも言われ、簡単に言うと細胞を刺激して細胞分

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑