頭皮の毛細血管を増やす方法

毛細血管とは?

毛細血管とは、体中に張り巡らされている動脈と静脈をつなぐ網目状となっている細い血管のことです。

体の隅々までゆっくりと血液を行き渡らせる役目をしており、血液中の酸素やグルコース、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を毛細管壁を通じて組織内に送り込んだり、逆に組織中の二酸化炭素や老廃物を受取るという循環器系の最も基本的な役割を営んでいます。

直径約5~20ミクロン程度の細い血管で、赤血球がようやく通れるほどの大きさですので血液がドロドロの状態になると十分に通ることができなくなります。

頭皮に存在する毛細血管が、何らかの原因で減少したり通りが悪くなってしまうと、当然、育毛のための栄養供給に支障をきたすことになってしまいます。

前頭部の生え際部分や頭頂部分が薄毛になりやすい理由の一つは、これらの箇所に毛細血管の数が少なく、また血管が細いため血流量が少なくなり十分な栄養が毛根部分に行き届かないためです。

毛細血管の減少

毛細血管は、加齢のほかストレスや過度の運動などで減少してしまいます。

加齢やストレスなどで髪が細くなったり、薄毛になったりするのは、毛細血管の減少が育毛に影響を与えているためです。

毛細血管が減少すると体の隅々まで酸素や栄養が行き届かなくなり、身体の様々な機能が低下し、老化も進行してしまいます。

毛細血管を増やす方法

毛細血管は、加齢やストレスなどで減少してしまいますが、実は、有酸素運動で増やすことができると言われています。

有酸素運動とは、ウォーキングや軽いランニング、軽い水泳、サイクリングなど比較的弱い力を継続的に長時間にわたって筋肉に与え続けることです。

体内に蓄えられている体脂肪をエネルギー源として燃焼させますのでダイエットなどにも有効です。

有酸素運動には様々な効果が確認されていますが、その中に血行が良くなり毛細血管が発達したり新しい毛細血管が作られるという効果も確認されています。

特に毛細血管を増やすための有酸素運動としては少しきついくらいの運動がいいという見解もあります。

ウォーキングも少し急ぎ足くらいがいいでしょう。有酸素運動によって体の隅々まで酸素が行きわたればそれが刺激となって新しい毛細血管が作られます。

特に継続が重要です。1日30分~ほどのウォーキングなどの運動を週に3回以上続けることが重要です。

尚、激しい筋力トレーニングや短距離走などの過度な運動は毛細血管が切れてしまう可能性があると言われていますので注意が必要です。

有酸素運動で毛細血管を増やして薄毛改善

これらの他にも、有酸素運動は、ストレス解消や緩和、自律神経を整えたり、良質な睡眠を促進したりと様々な効果があり、精神的な影響による薄毛リスクにも良い影響を与えることができます。

このように、有酸素運動は育毛に与える影響も多大ですが、何よりも基本的な健康維持にも絶大な効果を発揮します。日頃から運動不足の人は、是非日常生活に有酸素運動を取り入れることをおすすめします。

キャピキシル配合育毛剤で育毛促進

キャピキシル配合シャンプーで育毛促進

関連記事

ミノキシジル(リアップ)の副作用

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルとは? ミノキシジル(Minoxidil)とはもともと1960年代に高血圧の経口薬(血

記事を読む

カプサイシンとイソフラボンの育毛効果

カプサイシンとイソフラボンの発毛効果

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで発毛を促進するという研究結果があります。 その

記事を読む

5αリダクターゼに対するキャピキシルの作用

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

AGAに対するキャピキシルの働き

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

ピディオキシジルを配合する育毛剤

ピディオキシジルを配合した育毛剤

ピディオキシジル(pidioxidil)とは、あまり耳慣れない言葉ですが、ミノキシジルという言葉は聞

記事を読む

生え際に作用するキャピキシル

生え際(M字)の育毛に強いキャピキシル

AGA(男性型脱毛症)の初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプですが、生

記事を読む

キャピキシルがヘアサイクルに及ぼす影響

キャピキシルのヘアサイクル(毛周期)への作用

ヘアサイクルとは? ヘアサイクルとは、髪の毛が誕生して抜け落ちるまでの一連の流れのことです。

記事を読む

目の疲れによる薄毛

目の疲れが薄毛の原因

目の疲れは薄毛を引き起こす原因になると考えられています。 髪の毛は、主にケラチンという

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシル以外のおすすめ育毛剤チャップアップ

PAGE TOP ↑