医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

育毛剤には医薬品や医薬部外品、そしてそのどちらでもないものがあります。

原則として薬事法では、

・発毛剤を医薬品
・育毛剤を医薬部外品
・そのどちらでもない養毛剤などを化粧品

として分類しています。

医薬品とは?

医薬品とは、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められており、病気の治療や予防などに使われる薬のことです。病院で医師が処方してくれる薬や、薬局・薬店、ドラッグストアなどで販売されている風邪薬や鎮痛剤などのことです。一般的に効果が高い分副作用のリスクも高くなります。

医薬品に分類される発毛剤は、育毛剤や養毛剤のように髪の毛によい環境を作り出すのではなく髪の毛を積極的に生やすことを目的としたものになります。

育毛剤で言えばリアップの成分であるミノキシジルやプロペシアの成分であるフィナステリドなどがこれにあたります。

医薬部外品とは?

医薬部外品とは、医薬品に準ずるもので、厚生労働大臣によって効果や効能が確認されているものの、作用が緩やかで副作用も少ないものです。有効成分としてその成分名や効果効能を表示することができます。薬用〇〇と表示されているものも医薬部外品に該当します。一般的に効果が緩やかな分副作用のリスクも低くなります。

医薬部外品に分類される育毛剤は、髪の毛が育つ環境を整え、また促すもので今生えている髪を健康的に育てるというものです。

定められた範囲内の成分・配合濃度を守り、申請して医薬部外品として認められると、「厚生労働省認可」とか「薬用〇〇」、「育毛剤」と表記することが可能になり、効果効能を謳うことが認められます。

化粧品とは?

化粧品とは、医薬部外品と比較してさらに効能・効果が緩和なものです。人の身体を清潔にしたり美化したり皮膚や毛髪を健やかに保つためのもので、人体に対する作用が緩和なものをいいます。2001年の規制緩和によって厚生労働省の許認可が不要となり、各メーカーがその責任において開発できるようになりました。但し、使用が禁止されている成分を配合することはできません。一般的に効果が緩やかな分副作用のリスクも低くなります。

化粧品に分類される養毛剤は、頭皮と髪の毛に各種の栄養成分を補給して、健やかな状態にすることを目的としたものになります。キャピキシルや成長因子などの成分も化粧品扱いになります。

成分の表示

医薬部外品扱いのものと化粧品扱いのものでは成分の表示義務が異なります。

化粧品扱いのものについては、2001年の薬事法改正によって全成分を表示しなければならなくなりましたが、医薬部外品扱いのものは、全成分を表示する義務はなく、定められている表示指定成分(通常は問題がなくても、人によってはまれにアレルギーなどの症状を起こす可能性があるものなど)のみ表示すればいいことになっています。

また成分の表示についてもルールが異なります。

化粧品扱いのものは、表示の順番は含有量の多い成分から順番に表示することが義務付けられています。それに対して医薬部外品扱いのものは、順番も順不動で構わないことになっています。

また、医薬部外品は、
「有効成分:○○」
「その他の成分:△△」
のように、有効成分とそれ以外の成分を分けて表示することになっています。

キャピキシル配合の育毛剤は化粧品?

関連記事

髪の毛の知識

髪の構造 髪の毛は、頭皮の外に出ている「毛幹部」と、頭皮の中に入っている「毛根部」とに大別されます

記事を読む

界面活性剤

界面活性剤は、洗濯用洗剤や食器用洗剤、石鹸、歯磨き粉、化粧品などのほか、シャンプーやコンディショナー

記事を読む

キャピキシルのヘアサイクル(毛周期)への作用

ヘアサイクルとは? ヘアサイクルとは、髪の毛が誕生して抜け落ちるまでの一連の流れのことです。

記事を読む

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。 「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説で

記事を読む

Deeper3Dの詳細

Deeper3Dの特徴 Deeper3Dは、キャピキシルを「5%」という高い濃度で配合していま

記事を読む

キャピキシルを超える育毛剤は?

このサイトは、キャピキシルの有用性をリサーチし、キャピキシルを配合している育毛剤をピックアッ

記事を読む

フィンジアの詳細

フィンジアの特徴 フィンジアは、キャピキシルを配合する上に、 ・ピディオキシジル(擬似ミ

記事を読む

バイタルウェーブスカルプローションの詳細

バイタルウェーブスカルプローションの特徴 バイタルウェーブスカルプローションは、キャピキシルを

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑