育毛剤を使用する際に気を付けること

育毛剤は最低3ヶ月使用

育毛剤の効果(髪の毛が生えてくるといった効果)が表れるまでには、少なくとも3ヶ月、通常6ヶ月かかります。

育毛剤の中には「1ヶ月で効果が確認できなければ返金をする」といったことを謳ったサイトもありますが、残念ながら1ヶ月で目に見えるほどの効果を確認できる育毛剤はほぼ無いと考えた方がいいでしょう。

一般的に、髪の毛は1ヶ月で1センチ伸びると言われています。しかしこれはヘアサイクルの成長期にある健康な髪の場合です。

産毛やM字生え際部分の髪などは1ヶ月に1ミリとも言われています。

頭皮の奥の毛母細胞から新しい髪の毛が製造されて頭皮から顔を出すまでには数か月という時間がかかりますし、生えてきているのが目で確認できるようになるほど成長するまでにはさらに長い時間がかかります。

ヘアサイクルの仕組み上、1ヶ月で効果が確認できるようになるというのは殆ど不可能なのです。

おそらく、
・抜け毛が減った
・髪が元気になってきた
といった効果を実感させ、持続を促すといったことだと思います。

本来抜けるはずだった髪の毛が抜けずに頭に留まると理論上髪の毛が増えたことになりますので、人によってはその点で若干の効果を感じる人はいるかもしれませんが、抜けようとしている髪の毛の本数は知れており、目に見えるほどの効果は期待できるものではありません。

このようなことから、一般的に育毛剤は3ヶ月から6ヶ月続けなければその効果は確認できないということになります。

従って、育毛剤を使用し始めて1~2ヶ月も経たないうちに、効果がない(髪の毛が生えてこない)と判断して育毛剤を変えるのはもったいないことなのです。

本来、使っている育毛剤で頭皮の中で育ちつつあった髪の毛やせっかく整えてきているヘアサイクルも、育毛剤を切り替えることによってリセットされたり、乱すことにもなりかねません。

育毛剤は、すぐに効果が確認できるものではありませんので、かゆみや炎症などの皮膚トラブルなど特に支障がない限り3ヶ月から6ヵ月は使ってみることをお勧めします。

育毛剤を使用する時間帯

育毛剤を使用するタイミングは、朝と夜の2回使用を推奨しているものが多く見受けられますが、最も効果が期待できる時間帯は、夜のお風呂上り(洗髪後)で、かつ就寝前がいいと言われています。

お風呂上りは、血行も良くなっており、頭皮も清潔で毛穴の汚れもとれており有効成分が浸透しやすい状態になっているためです。

また、入眠後の1~2時間の間に訪れる深い眠り(ノンレム睡眠)の時に成長ホルモンが最も多く分泌すると言われています。この時間帯は組織の成長を促したり肌のターンオーバーなど代謝を活発化し促進する時間帯であるためです。

成長ホルモンが最も多く分泌する時間帯は、従来は22時から午前2時までの時間帯でこの時間帯をゴールデンタイムと呼んでいましたが、現在は、入眠後の数時間の間に訪れる深い眠りの時という解釈が有力です。

頭皮ではなく毛穴に浸透させる

育毛剤は頭皮からではなく毛穴から浸透させます。頭皮は角層の持つバリア機能でそれより奥にはなかなか通してくれません。

育毛剤を頭皮に塗布した後は、頭皮に塗りこむイメージではなく、毛穴に押し込むようなイメージでマッサージします。強く擦ると生えたばかりの細くて弱い新生毛の抜け毛の原因となります。

また、育毛剤を塗布して塗りこむ時、頭を下げる方もいますが、引力に逆らわず、頭を上にしてマッサージするようにします。

注意すべきは、ドライヤーと育毛剤塗布の順序です。ドライヤーは育毛剤を塗布する前に使用します。育毛剤を塗布した後にドライヤーを使うと折角の有効成分が気体となって蒸発しかねません。

その他の注意事項

全ての人に副作用のない育毛剤は存在しません。

人によっては、育毛剤の使用で頭皮が炎症を起こしたり痒みや湿疹が出たりする場合があります。

激しい炎症などの場合は即座に、軽度の場合でもこれらの症状が続く場合は、肌が拒否反応を起こしていることが考えられますので使用を中止し、必要に応じて医師の診察を受けることをおススメします。

また、医薬品レベルのミノキシジルやフィナステリドには、重篤な副作用のリスクがありますので使用にあたっては十分に注意する必要があります。

当サイトで紹介しているキャピキシルを配合した育毛剤キャピキシルを配合したシャンプー、また、ミノキシジルと同等の効果が期待できるピディオキシジルという成分を配合したフィンジアボストンスカルプエッセンスといった育毛剤でもこれといった副作用は報告されていません。

関連記事

成長因子

成長因子って何?

成長因子とは? 成長因子は、別名「グロースファクター」とも言われ、簡単に言うと細胞を刺激して細胞分

記事を読む

AGAに対するキャピキシルの働き

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

5αリダクターゼに対するキャピキシルの作用

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

髪の毛の知識

髪の毛の知識

髪の構造 髪の毛は、頭皮の外に出ている「毛幹部」と、頭皮の中に入っている「毛根部」とに大別されます

記事を読む

医薬品・医薬部外品・化粧品

医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

育毛剤には医薬品や医薬部外品、そしてそのどちらでもないものがあります。 原則として薬事法では、

記事を読む

キャピキシルを配合していない人気育毛剤

キャピキシルを配合してない人気育毛剤

キャピキシルを配合していない育毛剤でも優秀な育毛剤はいくつか存在します。その中でも、人気・実力ともに

記事を読む

コスパに優れたキャピキシル育毛剤

キャピキシル育毛剤で最も安い育毛剤は何か

キャピキシルを配合した育毛剤の中で最も安くコストパフォーマンスに優れた育毛剤は何か、またその購入方法

記事を読む

ピディオキシジルを配合する育毛剤

ピディオキシジルを配合した育毛剤

ピディオキシジル(pidioxidil)とは、あまり耳慣れない言葉ですが、ミノキシジルという言葉は聞

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシル以外のおすすめ育毛剤チャップアップ

PAGE TOP ↑