キャピキシルのヘアサイクル(毛周期)への作用

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクルとは、髪の毛が誕生して抜け落ちるまでの一連の流れのことです。

髪の毛は、
成長期
退行期
休止期
という大きく3つのフェーズを経て最後は脱毛してしまいます。

脱毛したらまた新しく生えてきて成長期段階からこの周期を繰り返します。

この3つのフェーズの一連の流れをヘアサイクル (毛周期)といいます。

髪の毛1本1本でヘアサイクルの周期の期間やヘアサイクルのどの段階にあるかが異なります。

ヘアサイクル

男性の場合は2年から5年、女性の場合は4年から6年というのが健康な状態のヘアサイクル(1サイクル)の目安となります。

ヘアサイクルの流れ

成長期

成長期とは、文字通り髪の毛が成長する段階です。

この時期は、毛乳頭からの指令で毛母細胞が活発に分裂を繰り返し、新しい髪の毛が成長していきます。

健康なヘアサイクルの場合、新しい髪の毛は、一般的に男性なら約3年から5年、女性なら4年から6年、髪が育ち続けます。

髪の毛全体のおよそ85%~90%がこの成長期の段階にあるといわれています。

退行期

髪の毛が成長しなくなる段階です。

毛乳頭の働きが低下し、毛母細胞の細胞分裂が減少します。

髪は毛乳頭から離れて完全に成長をやめるまで約2~3週間かかります。

髪の毛のおよそ1%ほどがこの退行期の段階にあるといわれています。

休止期

毛母細胞の細胞分裂が停止し、脱毛が始まります。

成長が止まった髪は、だんだん上に上がっていき、抜け落ちる準備をします。

3~5ヶ月間この状態が続きます。

髪の毛のおよそ10~20%ほどがこの休止期の段階にあるといわれており、休止期にある古い髪の毛は新しい髪の毛に押し出されるような状態にあり、シャンプーやブラッシングで抜けやすくなっています。

AGAとヘアサイクル

AGA(男性型脱毛症)の人は、悪玉男性ホルモンDHTの影響で、ヘアサイクル中の成長期の段階が大幅に短くなってしまいます。

AGAを発症すると、通常2~6年続くはずの成長期が数ヶ月~1年くらいに短縮されてしまいます。

その結果、成長期の毛髪の割合が減少し、髪の毛が十分に成長しきる前に抜けてしまうので、細い毛髪が増え、頭髪が薄くなっていきます。

健康なヘアサイクルでも1日におよそ50本から100本の抜け毛が発生するのが普通ですのでこの程度の抜け毛であればさほど問題ありませんが、それ以上の抜け毛が確認できるようになったり、抜け毛の毛根部分が小さかったり、抜け毛自体が細かったりする場合は要注意です。

キャピキシルの作用

キャピキシルに含まれているビオカニンA(アカツメクサ花エキス)は、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5αリダクターゼを抑制する作用があるとされています。

5αリダクターゼが抑制されると、AGAの元凶であるDHTの製造も減少し、結果、抜け毛・薄毛になるリスクが低くなります。

実際にLUCAS MEYER COSMETICS社が公表している実験結果でも、キャピキシルを使用すると、成長期の髪の割合が増加し、休止期の髪の割合が減少したとするデータもあるようです。

キャピキシルを使用した育毛剤
キャピキシルを使用したシャンプー

関連記事

頭皮の毛細血管を増やす方法

毛細血管とは? 毛細血管とは、体中に張り巡らされている動脈と静脈をつなぐ網目状となっている細い血管

記事を読む

キャピキシルで効果が期待できる脱毛症

脱毛症の種類 脱毛症には主に次のようなものがあります。 AGA(男性型脱毛症) 男性の脱毛症で

記事を読む

キャピキシルを配合してない人気育毛剤

キャピキシルを配合していない育毛剤でも優秀な育毛剤はいくつか存在します。その中でも、人気・実力ともに

記事を読む

キャピキシルを配合したシャンプー

キャピキシルは育毛剤だけに配合されている成分ではありません。 実はキャピキシルが配合されたシャ

記事を読む

キャピキシル育毛剤で最も安い育毛剤は何か

キャピキシルを配合した育毛剤の中で最も安くコストパフォーマンスに優れた育毛剤は何か、またその購入方法

記事を読む

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルとは? ミノキシジル(Minoxidil)とはもともと1960年代に高血圧の経口薬(血

記事を読む

AGAは早めの対策が重要

AGA(男性型脱毛症)は「進行型」のため「早目に手を打つことが重要」ということを耳にしたことがある方

記事を読む

キャピキシルの副作用

ミノキシジルの3倍に相当すると言われる育毛効果が期待できるキャピキシルに副作用がないのか、気になると

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑