生え際(M字)の育毛に強いキャピキシル

生え際(M字)の対策としてのキャピキシル

AGA(男性型脱毛症)の初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプですが、生え際は育毛が最も手強い箇所でもあります。

生え際(M字)の育毛が手強い理由

生え際M字部分の育毛が難しい理由はいくつか考えられます。

血行不良

前頭部の生え際部分は、おでこにつながる部分でつっぱりがちになり、頭皮の厚さが薄く、硬くなりがちです。そのためか、髪の毛に栄養を送るための毛細血管の数も少なく血行も悪くなり、栄養も十分に行き届かなるほか、育毛剤などの有効成分も浸透しにくい場所でもあります。

負担が大きい個所

前頭部の生え際部分は、髪の毛の中で最も負担がかかる箇所でもあります。常に手の指やブラシでかき分けたり、風などでも激しく動いており、髪の毛(毛根)に最も刺激や負担がかかってしまう箇所です。

また紫外線の影響を最も受けやすい個所でもあります。分け目の場所を長期にわたって固定しておくと徐々に地肌が目立ってくるようになるのもこのような外的刺激があるためと考えられています。

眼精疲労によるもの

さらには、眼精疲労による薄毛という可能性もあります。目を酷使することで網膜に傷がつくと、髪の毛の生成に重要な働きをするシステインが網膜の傷の修復に使わます。

つまり、眼精疲労を起こすと、髪の毛を生成するための栄養が不足するリスクが高まり、切れやすかったり細かったり、抜けやすい髪が作られてしまい結果的に薄毛になってしまうというものです。

Ⅱ型リダクターゼの存在

このような環境に常にさらされている生え際部分は、育毛には過酷な環境と言えますが、その中でも、生え際の育毛が手強い最も大きな理由は、ヘアサイクルを崩してしまうⅡ型5αリダクターゼという酵素の存在だと考えられています。

AGAの仕組みでもわかるとおり、生え際が後退していくのは前頭部生え際部分の毛乳頭においてⅡ型5αリダクターゼの分布が多く、AGAの元凶である悪玉男性ホルモンDHTの生産が最もさかんであることが原因の一つと考えられています。

AGAの仕組み

男性ホルモン受容体の存在

Ⅱ型5αリダクターゼの存在と並んで生え際の薄毛の原因と考えられるのが男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)の存在です。

Ⅱ型5αリダクターゼがテストステロンと結合してDHTを産出するとDHTは男性ホルモン受容体と結合することによって毛母細胞に脱毛指令が送り込まれます。

つまり、男性ホルモン受容体というものが存在しなければ脱毛指令も送られることなく髪の毛は成長を続けます。生え際にはこの男性ホルモン受容体が多く存在していると言われています。

ちなみに後頭部や側頭部が薄毛にならないのは、Ⅱ型5αリダクターゼと男性ホルモン受容体が殆ど存在しないためだと言われています。

生え際(M字)対策としてのキャピキシル

生え際が薄毛になりやすい理由として以上のような要素が考えられますが、特に関連性が深いのがⅡ型5αリダクターゼと男性ホルモン受容体の存在です。

後頭部の髪を前頭部生え際部分に移植(植毛)すると一生に渡って生え続けることを考えてみてもわかります。

これらのことからわかるように、生え際の育毛対策としては、
Ⅱ型5αリダクターゼの抑制、または、
DHTそのものを抑制
ができる成分を配合した育毛剤が有効と考えることができます。

毛根部分の血管(毛細血管)を拡張して血行を良くする作用があるミノキシジルが生え際の育毛に弱いというのは、このⅡ型5αリダクターゼやDHTを抑制する作用が弱い(無い)ためと考えられています。

その点、キャピキシルは、アカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンAがⅡ型5αリダクターゼを抑制する作用がありますので、抜け毛・薄毛になるリスクが低くなることが期待され、さらには、生え際部分の発毛や育毛にも期待できると考えられています。

さらに、フィンジアという育毛剤は、生え際M字専用の育毛剤「薬用プランテル」を世に出した企業が開発した育毛剤で、その配合成分の中には、Ⅱ型5αリダクターゼの働きを抑制するヒオウギエキスやビワ葉エキスをしっかり配合しており、より生え際の育毛対策に期待が持てます。

また、キャピキシルを構成するもう一つの成分「アセチルテトラペプチド-3」は頭髪の生産において重要な役割を担っている毛包の構造維持と固定力を高める働きがあります。

その効果はミノキシジルの3倍と言われているほど強力な育毛作用を持っていまおり、ミノキシジルのような副作用の心配もありません。

キャピキシルには、この
・5αリダクターゼを阻害する作用と
・毛包の構造維持と固定力を高める作用
で育毛が困難と言われる生え際のM字部分にも強力に作用すると考えられます。

キャピキシルを配合する育毛剤

キャピキシルを配合するシャンプー

関連記事

頭皮の毛細血管を増やす方法

毛細血管とは? 毛細血管とは、体中に張り巡らされている動脈と静脈をつなぐ網目状となっている細い血管

記事を読む

キャピキシル育毛剤ランキング

キャピキシルを配合している育毛剤 ・フィンジア ・バイタルウェーブスカルプローション ・ザスカ

記事を読む

AGAは早めの対策が重要

AGA(男性型脱毛症)は「進行型」のため「早目に手を打つことが重要」ということを耳にしたことがある方

記事を読む

バイタルウェーブスカルプローションの詳細

バイタルウェーブスカルプローションの特徴 バイタルウェーブスカルプローションは、キャピキシルを

記事を読む

ボストンスカルプエッセンスの詳細

ボストンスカルプエッセンスの特徴 ボストンスカルプエッセンスの特徴は、キャピキシルを配合する上

記事を読む

ピディオキシジルを配合した育毛剤

ピディオキシジル(pidioxidil)とは、あまり耳慣れない言葉ですが、ミノキシジルという言葉は聞

記事を読む

ザスカルプ5.0cの詳細

ザスカルプ5.0cの特徴 ザスカルプ5.0cは、医薬品の育毛成分であるミノキシジルの約3倍の有

記事を読む

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルとは? ミノキシジル(Minoxidil)とはもともと1960年代に高血圧の経口薬(血

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑