キャピキシルとは?その育毛効果は?

最近、育毛業界で話題となっている成分にキャピキシルという成分があります。

キャピキシルとは?

キャピキシルとは、もともと存在する成分ではなく、カナダの化粧品メーカー「LUCAS MEYER COSMETICS社」が開発した成分で、成長因子と植物エキスのプレミックス原料です。

アセチルテトラペプチド-3(成長因子)
アカツメクサ花エキス(植物エキス)
という成分で構成されています。

アカツメクサ花

それぞれの成分の働きが分かれば、キャピキシルというものがどういうものかお分かり頂けると思います。

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は、4種類のアミノ酸で構成されており、細胞外マトリックスを修復(復活)する働きを持つ成分(成長因子)です。

細胞外マトリックスとは聞きなれない言葉ですが、細胞と細胞をつなぐ有効成分のことで、細胞を守ったり、細胞の働きを良くしたりする成分だと考えられています。細胞修復作用は医学の最前線でも活用されており、火傷で痛んだ皮膚の修復などに対して必要になるものです。

頭髪の生産において重要な役割を担っている毛包の構造維持と固定力を高めることで育毛効果が期待されています。

下の図はキャピキシルを製造したメーカーが公表した毛母細胞の培養実験の結果をグラフにしたものです。

培養された毛母細胞に有名成分(ミノキシジル)とキャピキシルの成分である「アセチルテトラペプチド-3」を添加したところ、その活性度がミノキシジルが52%、アセチルテトラペプチド-3が156%という検証結果が出たとのこと。

キャピキシルの活性度はミノキシジルの約3倍

キャピキシルがミノキシジルの3倍の効果があると言われる所以は、この結果によるものです。

※ミノキシジルとは、アメリカで開発された成分で、毛母細胞と毛乳頭の両方を活性化させる事により、発毛を促進させる作用があります。日本の薬局で販売されているお馴染みのリアップ(大正製薬)の有効成分です。

アカツメクサ花エキス

アカツメクサはレッドクローバーとも呼ばれる多年生の植物で、古くから薬用ハーブとして活用されてきた経緯があります。

アカツメクサ花エキスにはビオカニンAという成分が豊富に含まれています。

ビオカニンAは、イソフラボンの一種です。

女性ホルモンと類似した構造を持つ分子で、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」を抑制する作用があるとされています。

5αリダクターゼを抑制すると脱毛の原因物質であるDHTの生産が少なくなり、その結果、抜け毛・薄毛が改善されるという効果につながります。

※AGA(男性型脱毛症)の仕組み(詳細はAGAの仕組みを参照)

AGAに対するキャピキシルの作用

この作用は、医薬品であるフィナステリド(日本の病院で処方されるプロペシアの成分名)と同じ作用です。

キャピキシルの育毛効果

キャピキシルは、

・アセチルテトラペプチド-3の毛包の構造維持を高める作用

・アカツメクサ花エキスの5αリダクターゼを抑制する作用

の2つの作用、つまり、育毛を促す作用と抜け毛を防ぐ作用を持つことで、大きな育毛効果が期待されているという訳です。

ミノキシジルの3倍の発毛効果?

キャピキシルを紹介するサイトでは、ミノキシジルの3倍の効果があると記載されています。

これは、LUCAS MEYER COSMETICS社の実験で、培養された細胞組織で同条件のもとミノキシジルとキャピキシルでの反応を比較した結果、キャピキシルの細胞組織の発毛反応がミノキシジルのおよそ3倍得られたという実験結果が示されていることによるものです。

人間の頭皮で実際に確認された訳ではなく、単純にキャピキシルがミノキシジルの3倍の発毛効果があるとするものではありませんが、同じくLUCAS MEYER COSMETICS社が行った臨床実験では、ミノキシジルとの比較データは無いもののキャピキシルには発毛を促す効果と抜け毛を抑制する効果の両方があることが明らかにされています。

キャピキシルの臨床実験

LUCAS MEYER COSMETICS社は、実際にキャピキシルを使用した実験の結果データも公開しています。

この実験は、実際にキャピキシルを使った場合の成長期と休止期の髪の毛の増減を調べたものです。

それによれば、4か月間使用した結果、ヘアサイクル中の
・成長期にある髪の割合が10%以上増加し、
・休止期にある髪の割合が30%近く減少した
とされています。

このようにキャピキシルは元気な髪を増やし抜け毛を減らすといった2つの効果あることが実際の人の頭皮で確認されています。

ミノキシジルの3倍の発毛効果という根拠は確認できないにしても、このような実験結果が示されていることや、実際のキャピキシル使用で高い育毛効果を体感した方もいることから、キャピキシルの利用者が急増しているのは確かです。

このためキャピキシルの有用性に期待が集まり、最近では育毛剤や一部の育毛シャンプーなどにキャピキシルが配合されるようになってきました。

このキャピキシルを配合した育毛剤には、
フィンジア
ザスカルプ5.0c
・バイタルウェーブスカルプローション
・ボストンスカルプエッセンス
・Deeper3D
などがあるほか、キャピキシルを配合したシャンプーも販売されています。

キャピキシルの副作用

キャピキシルのベース成分が天然成分だからと言って副作用が全くないとは言いきれませんが、臨床実験ではキャピキシルの副作用は確認できなかったと報告されています。

フィナステリドやミノキシジルの副作用が懸念される中で、副作用がなく大きな効果が期待できるとあって今後ますます注目される成分になると思われます。

関連記事

毛乳頭と毛母細胞の働き

育毛剤の育毛・発毛に対する作用などの記事を読んでいると、毛乳頭や毛母細胞という単語を目にすることがあ

記事を読む

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

ボストンスカルプエッセンスの詳細

ボストンスカルプエッセンスの特徴 ボストンスカルプエッセンスの特徴は、キャピキシルを配合する上

記事を読む

生え際(M字)の育毛に強いキャピキシル

AGA(男性型脱毛症)の初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプですが、生

記事を読む

AGAは早めの対策が重要

AGA(男性型脱毛症)は「進行型」のため「早目に手を打つことが重要」ということを耳にしたことがある方

記事を読む

ピディオキシジルを配合した育毛剤

ピディオキシジル(pidioxidil)とは、あまり耳慣れない言葉ですが、ミノキシジルという言葉は聞

記事を読む

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

Deeper3Dの詳細

Deeper3Dの特徴 Deeper3Dは、キャピキシルを「5%」という高い濃度で配合していま

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑