キャピキシルで効果が期待できる脱毛症

脱毛症の種類

脱毛症には主に次のようなものがあります。

AGA(男性型脱毛症)

男性の脱毛症で最も多いのがAGA(男性型脱毛症)を原因とした脱毛症です。

薄毛やハゲに悩む男性の90%以上(日本人の1300万人以上)がAGA(男性型脱毛症)が原因と言われています。特に20~30代でこの症状が現れた場合を「若年性脱毛症」と呼び、30~40代でこの症状が現れた場合を「壮年性脱毛症」と呼ぶこともあります。

遺伝性もあり、5αリダクターゼがもとになって作り出される強力な男性ホルモン(DHT)によって脱毛因子が生成され、抜け毛・薄毛が進行していきます。

発祥するメカニズムは殆ど解明されているため、キャピキシルを含む殆どの男性用育毛剤に対策成分が配合されています。

びまん性脱毛症(女性男性型脱毛症)

びまん性脱毛症は、女性にみられる脱毛症の代表的な症状で、頭髪が全体的に薄くなるのが特徴です。

加齢や閉経、ストレスなどでホルモンバランスを崩し、体内の男性ホルモンが女性ホルモンより優位になることで男性のAGAと同じような現象が起こって発症してしまうというと考えられています。

FAGA(女性男性型脱毛症)とも言われています。

※尚、びまん性脱毛症と女性男性型脱毛症(FAGA)とは別の脱毛症として捉えられている場合もあります。

このようなケースの場合は、男性のAGAと同じ対策が必要ですのでキャピキシルを含む育毛剤も有効と考えていいと思います。

円形脱毛症

円形脱毛症は、10円玉~500円玉大の大きさの脱毛が突然起こってしまう脱毛症のひとつで、強いストレスや自己免疫疾患、アレルギーなどが原因と考えられています。

円形脱毛症の原因には色々な説がありますが、最も有力な説は、自己免疫疾患によるものです。外部からの異物侵入を守る免疫系機能に異常が生じ、頭部の一部分を敵とみなして攻撃された頭髪の細胞が損傷を受け、部分的に脱毛してしまうというものです。

円形脱毛症は、程度の軽いものであれば、自然に治る場合が多いのが特徴です。

症状が軽い場合は、キャピキシルなどの育毛剤を使用するよりも生活習慣の見直し、ストレスの発散、適度な運動などが治癒までの経過を早くしたりします。

重い症状の場合は、医師や専門家に相談することをおすすめします。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、産後脱毛症とも言われ、女性特有の脱毛症で、出産後に抜け毛が増えてしまう脱毛症のことです。出産経験者の多くの人が発症すると言われています。

分娩後脱毛症の原因は、妊娠中に活発だった女性ホルモンの一つである黄体ホルモン「プロゲステロン」が出産と同時に急激に減少するためホルモンのバランスが変化して成長していた髪の毛が一気に抜け落ちてしまうことにあります。

分娩後脱毛症はいつまでも続くわけではなく、一般的には、出産後半年から1年程度で元に戻る場合が多いと言われています。

女性ホルモンのバランスに働きかける育毛剤は有効に働きかけると考えられます。キャピキシルを構成するアカツメクサ花エキスには「ビオカニンA」というイソフラボンの一種で女性ホルモンと類似した構造を持つ分子が含まれていますので、効果が期待できるかもしれません。

特にフィンジアは、イソフラボンを主要成分とするヒオウギエキスも配合していますので他の育毛剤と比較すると効果も期待できると考えられます。

批糠性脱毛症・脂漏性脱毛症

批糠(ひこう)性脱毛症とは、乾燥したフケが原因で発症する脱毛症です。

主にホルモンバランスの乱れや自律神経の乱れなどが原因と考えられていますが、シャンプーの成分が肌にあわなかったり、脱脂力の強いシャンプーを使っていたり、すすぎが不十分であったりして発症する場合があるとされています。

また、フケや角質を取り去ろうと過度にシャンプーするとかえって頭皮の炎症を増長させてしまいかねません。アミノ酸シャンプーなど刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーを使用するなど頭皮のケアを見直すことも必要です。

脂漏(しろう)性脱毛症とは、頭皮から分泌される皮脂が過剰となり、皮脂が毛穴を塞いで常在菌が異常繁殖し、炎症を起こして脱毛する脱毛症です。

一般的にホルモンの作用によるものが主な原因と考えられています。

批糠性脱毛症と同じく、皮脂を取り去ろうと過度なシャンプーをするとかえって余計な刺激となりますので、刺激が少なく頭皮に優しいシャンプーを使用してしっかりシャンプーをするなど頭皮のケアを見直すことも必要です。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、長時間継続的に髪の毛を引っ張り続けることで毛根が弱ってしまい、やがて抜け落ちてしまう脱毛症です。

特に女性に多く見られる症状で、ポニーテールやエクステ、後ろでお団子などで長い間毛根にダメージを与え続けることなどがこの脱毛症の引き金となる場合があります。

また、いつも分け目を同じ場所に固定している場合も外部からのダメージを受けることから牽引性脱毛症に分類されることがあります。

キャピキシルが効果を発揮する脱毛症

キャピキシルの働きは、主として毛母細胞などを活性化したり、男性の薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す「5αリダクターゼ」を抑制する作用にあります。

従って、男性のAGA、女性のFAGA(びまん性脱毛症)には高い効果が期待できますが、脱毛の原因が異なる円形脱毛症や批糠性脱毛症・脂漏性脱毛症、牽引性脱毛症などにはあまり効果が期待できないと考えられます。

関連記事

キャピキシルの副作用

ミノキシジルの3倍に相当すると言われる育毛効果が期待できるキャピキシルに副作用がないのか、気になると

記事を読む

キャピキシルを配合してない人気育毛剤

キャピキシルを配合していない育毛剤でも優秀な育毛剤はいくつか存在します。その中でも、人気・実力ともに

記事を読む

男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは? AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです

記事を読む

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。 「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説で

記事を読む

毛乳頭と毛母細胞の働き

育毛剤の育毛・発毛に対する作用などの記事を読んでいると、毛乳頭や毛母細胞という単語を目にすることがあ

記事を読む

生え際(M字)の育毛に強いキャピキシル

AGA(男性型脱毛症)の初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプですが、生

記事を読む

キャピキシルを超える育毛剤は?

このサイトは、キャピキシルの有用性をリサーチし、キャピキシルを配合している育毛剤をピックアッ

記事を読む

フィンジアの詳細

フィンジアの特徴 フィンジアは、キャピキシルを配合する上に、 ・ピディオキシジル(擬似ミ

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑