男性型脱毛症(AGA)に対するキャピキシルの働き

AGAとは?

AGAとは、Andro Genetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。

AGA(男性型脱毛症)は、男性によくみられる薄毛になる症状です。

早ければ思春期から前頭部の生え際部分や頭頂部分の髪が薄くなっていきます。

薄毛やハゲに悩む男性の90%以上(日本人の1300万人以上)がAGA(男性型脱毛症)が原因と言われています。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

AGA(男性型脱毛症)は進行型で、放っておくと徐々に薄くなっていきますので早めのケアが大切です。対策が遅れるほど進行を食い止めることが困難になり、また、改善も困難になります。

AGAの仕組み

AGA(男性型脱毛症)の仕組みは以下の通りです。

男性の場合、男性ホルモン(テストステロン)が主に睾丸(精巣)でつくられています。

男性ホルモン(テストステロン)は、血液中を流れ細胞内に入ります。

このテストステロンが、頭皮の皮脂腺や毛乳頭に存在する 5αリダクターゼという酵素と結びつくと、より強力な男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

AGAの仕組み

DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭にあるアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体と結合して脱毛因子を増やし毛母細胞などへ「髪の毛が抜けるよう」指令を出します。

この作用で髪の毛は、ヘアサイクルの成長期段階を十分に経ることなく退行期・休止期へと移行し、やがて抜け落ち、徐々に毛髪がうぶ毛化して薄毛と認識されるようになってきます。

5αリダクターゼには、Ⅰ型5αリダクターゼⅡ型5αリダクターゼの2種類のタイプがありますが、前頭部や頭頂部などの毛乳頭にはⅡ型5αリダクターゼが多く存在することがわかっており、AGA(男性型脱毛症)は、Ⅱ型5αリダクターゼの影響を強く受けていると考えられています。

キャピキシルの働き

5αリダクターゼの阻害

キャピキシルを構成する成分の一つ「アカツメクサ花エキスに含まれているビオカニンA」は、AGA(男性型脱毛症)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を作り出す5αリダクターゼを抑制する作用があります。

この作用は医薬品フィナステリド(プロペシアの有効成分)の作用と同じです。

但し、フィナステリドが、Ⅱ型だけの5αリダクターゼの活性を抑制するのに対して、キャピキシルはⅠ型の5αリダクターゼも阻害する効果が認められています。

AGA治療においては、Ⅱ型5αリダクターゼの阻害が重要視されていますが、Ⅰ型Ⅱ型両方を抑制した方が効果的との見解もあります。

※尚、ノコギリヤシ(ソウパルメット)や亜鉛、ヒオウギエキスなどもⅠ型Ⅱ型の5αリダクターゼを抑制する成分として有名です。

5αリダクターゼが抑制されると、AGAの元凶であるDHTの製造も減少し、結果、抜け毛・薄毛になるリスクが低くなります。

このような働きがあるキャピキシルはAGA対策としても有効な成分と言えます。

キャピキシル配合育毛剤
フィンジア
ザスカルプ5.0c
・その他

キャピキシルを配合したシャンプー

関連記事

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。 「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説で

記事を読む

医薬品・医薬部外品・化粧品の違い

育毛剤には医薬品や医薬部外品、そしてそのどちらでもないものがあります。 原則として薬事法では、

記事を読む

フィンジアの詳細

フィンジアの特徴 フィンジアは、キャピキシルを配合する上に、 ・ピディオキシジル(擬似ミ

記事を読む

リデンシルの働きと配合育毛剤

リデンシルとは、スイスの化粧品原料メーカーであるINDUCHEM社が開発したプレミックス成分です。髪

記事を読む

キャピキシルの副作用

ミノキシジルの3倍に相当すると言われる育毛効果が期待できるキャピキシルに副作用がないのか、気になると

記事を読む

キャピキシルを配合してない人気育毛剤

キャピキシルを配合していない育毛剤でも優秀な育毛剤はいくつか存在します。その中でも、人気・実力ともに

記事を読む

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

カプサイシンとイソフラボンの発毛効果

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂取することで発毛を促進するという研究結果があります。 その

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑