AGAは早めの対策が重要

AGA(男性型脱毛症)は「進行型」のため「早目に手を打つことが重要」ということを耳にしたことがある方も多いと思います。

これは、AGA対策が遅れてしまうほど
・毛髪の復活の可能性が少なくなる、また
・毛髪の復活の度合いが小さくなる
ということを意味します。

これは、人間の「細胞分裂の回数(細胞の老化)」に関係しています。

人間の細胞は無限に分裂を繰り返すのではなく限界があります。

その回数はおよそ一生のうちで40回から50回と言われています。

毛母細胞も例外ではありません。

毛母細胞は、毛乳頭から指令(シグナル)を受けて細胞分裂を繰り返しながら毛髪を形成していき、成長期、退行期、休止期というヘアサイクルを経て一つの細胞分裂活動を終了します。

ヘアサイクルが健康な方であれば、ヘアサイクルの中の成長期間が2年から6年ありますが、AGAなど発症した場合は、この成長期の期間が大幅に短縮されます。

例えば、AGAを発症してヘアサイクルの成長期間が半年に短縮されると、細胞分裂の回数を50回と仮定しても25年しか活動しないという計算になります。

下手をすれば50代で毛母細胞が死んでしまうことにもなりかねません。

つまり、AGA対策を後回しにしてしまうと、残された細胞分裂の回数が少なくなり、また細胞分裂活動も弱くなっていき、太くて弾力のある髪の毛が生成されないばかりか、しまいには分裂活動を停止し、髪が製造されなくなってしまうというリスクが高くなってしまうのです。

ご高齢の方でフサフサの髪が生えてこないのは細胞の老化によるものなのです。

毛母細胞の活動が停止すると育毛剤など自力の復活は不可能となり、毛髪の再生医療やカツラ、植毛などの技術に頼らなければ髪の毛の復活はありません。

育毛剤や育毛シャンプーなどを利用して早めにAGA対策を打つことによって、ヘアサイクルの成長期の期間を長くすることができ、より太くて健康的な髪の毛の成長を維持することができる上、毛乳頭細胞や毛母細胞の活動寿命を延ばすことができるのです。

若いうちからAGA対策として育毛シャンプー・育毛剤などを活用することでAGAの発症を少しでも遅らせることが可能です。

キャピキシルのシャンプー
キャピキシルの育毛剤

育毛剤のランキング

関連記事

成長因子って何?

成長因子とは? 成長因子は、別名「グロースファクター」とも言われ、簡単に言うと細胞を刺激して細胞分

記事を読む

キャピキシルとは?その育毛効果は?

最近、育毛業界で話題となっている成分にキャピキシルという成分があります。 キャピキシルとは? キ

記事を読む

界面活性剤

界面活性剤は、洗濯用洗剤や食器用洗剤、石鹸、歯磨き粉、化粧品などのほか、シャンプーやコンディショナー

記事を読む

キャピキシルを配合したシャンプー

キャピキシルは育毛剤だけに配合されている成分ではありません。 実はキャピキシルが配合されたシャ

記事を読む

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。 「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説で

記事を読む

シャンプー選びの重要性

育毛を考える場合、シャンプー選びは育毛剤と同様、非常に重要になります。 良質な育毛剤の使用だけ

記事を読む

キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする

記事を読む

ピディオキシジルを配合した育毛剤

ピディオキシジル(pidioxidil)とは、あまり耳慣れない言葉ですが、ミノキシジルという言葉は聞

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑