キャピキシルが抑制する5αリダクターゼとは?

男性型脱毛症(通称AGA)の原因や発症のメカニズムなどの記事を目にすると必ずといっていいほど目にする「5αリダクターゼ」。

5αリダクターゼとは何か?また、男性型脱毛症に対してどのような影響を及ぼすのでしょうか。

5αリダクターゼとは?

5αリダクターゼとは、人体に存在する酵素の一種で、男性ホルモンの働きを高める作用があります。

男性ホルモン(テストステロン)は、骨格や筋肉を増強したり、性欲や活力を増進したり、精子を生成したりと男性的な性質や体質を形成する働きがありますが、5αリダクターゼはこれらの働きを補助する働きがあります。

一方で、頭皮の中においては脱毛症に作用するよう働きかける性質があります。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があります。

Ⅰ型は殆どの毛の毛乳頭細胞に存在しますが、Ⅱ型は主に前頭部から頭頂部の毛乳頭細胞に分布します。

男性型脱毛症(AGA)の発症の主な原因となる悪玉男性ホルモン(DHT)は、男性ホルモン(テストステロン)とⅡ型5αリダクターゼによって産出され、アンドロゲンレセプターと結合することによって脱毛因子を産出し、その結果、前頭部から頭頂部の毛の軟毛化を引き起こすとされています。

つまり、男性型脱毛症(AGA)対策としては、Ⅱ型5αリダクターゼの働きやDHTの働きを阻害・抑制することが有効となります。

5αリダクターゼ

キャピキシルが5αリダクターゼを抑制

このメカニズムから、男性型脱毛症(AGA)対策としては、

・Ⅱ型5αリダクターゼの働きを抑制すること
・DHTの働きを抑制すること
・アンドロゲンレセプターの働きを抑制すること
・脱毛因子「TGF-β」 の働きを抑制すること

などが有効となりますが、キャピキシルに含まれるアカツメクサ花エキスのビオカニンAという成分には、まさにこのⅡ型5αリダクターゼの働きを抑制する働きがあり、男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHTの生成を抑制することになるため、AGA対策として有効となります。

キャピキシルを使った育毛剤

キャピキシルを使ったシャンプー

関連記事

遺伝性の薄毛にキャピキシルは有効か?

「ハゲは遺伝する」ということをよく聞きます。 「ハゲは遺伝する」というのは、まんざら都市伝説で

記事を読む

髪の毛の知識

髪の構造 髪の毛は、頭皮の外に出ている「毛幹部」と、頭皮の中に入っている「毛根部」とに大別されます

記事を読む

キャピキシルで効果が期待できる脱毛症

脱毛症の種類 脱毛症には主に次のようなものがあります。 AGA(男性型脱毛症) 男性の脱毛症で

記事を読む

育毛剤を使用する際に気を付けること

育毛剤は最低3ヶ月使用 育毛剤の効果(髪の毛が生えてくるといった効果)が表れるまでには、少なくとも

記事を読む

フィンジアの詳細

フィンジアの特徴 フィンジアは、キャピキシルを配合する上に、 ・ピディオキシジル(擬似ミ

記事を読む

生え際(M字)の育毛に強いキャピキシル

AGA(男性型脱毛症)の初期段階で最も多いのが生え際が後退していくM型脱毛症タイプですが、生

記事を読む

目の疲れが薄毛の原因

目の疲れは薄毛を引き起こす原因になると考えられています。 髪の毛は、主にケラチンという

記事を読む

ザスカルプ5.0cの詳細

ザスカルプ5.0cの特徴 ザスカルプ5.0cは、医薬品の育毛成分であるミノキシジルの約3倍の有

記事を読む

キャピキシル育毛剤のランキング

キャピキシルを超える育毛剤イクオス

PAGE TOP ↑